しっかり避妊するならトリキュラー

トリキュラーについて詳しく解説

トリキュラーについて詳しく解説

経口避妊薬として非常に高い人気を誇る医薬品に、トリキュラーという製品があります。

トリキュラーは優れた避妊効果があるだけでなく、多くの女性の悩みを解消することができる医薬品であり、世界中の悩める女性に使用されています。

しかし何も知らない人の多くは、この避妊薬にはどんな効果があるのか、そして副作用にはどんな症状があるのか、そんな疑問を持っている人も多くいます。

そんな人のために、トリキュラーの効果と副作用についての解説、紹介をします。

正しい知識を持って使用し、安全に悩みを解消していきましょう。

トリキュラーの効果

まず紹介するのはトリキュラーを使用した際に得られる効果、一般的に作用と呼ばれるものについてです。

一般的に知られるトリキュラーの効果は避妊効果というものですが、実はそれ以外にも多くの使用効果が存在しています。

そして使用効果の中には、日本人の三大疾病と呼ばれる症状を予防できるような、そんな優れた効果も存在しています。

安全にそして素晴らしい毎日を送るために、トリキュラーにはどういった効果があるのかを知ってみましょう。

避妊効果

初めに紹介するトリキュラーの効果は「避妊効果」です。

トリキュラーは有効成分として黄体ホルモンの「レボノルゲストレル」そして卵胞ホルモンの「エチニルエストラジオール」が配合されています。

黄体ホルモンは子宮内膜の発育抑制、基礎体温の上昇といった現象を発生させる物質で、卵胞ホルモンは子宮内膜の発育促進、子宮頚管粘膜の分泌といった現象を発生させます。

これら2つのホルモン物質は本来脳が月経周期に合わせて分泌量のコントロールを行います。

しかしトリキュラーの服用によって、体外から黄体ホルモンと卵胞ホルモンを取り込むようになると、脳が自発的にこれらのホルモンを分泌しなくなります。

そうすると脳が黄体ホルモンや卵胞ホルモンを分泌する際に同時に分泌される、卵胞刺激ホルモンや黄体形成ホルモンといった物質の分泌も抑制されます。

この2つのホルモンは卵胞の成熟や排卵といった妊娠に必要となる現象を促す効果が有るホルモン物質です。

その結果、十分に卵胞が成熟しない状態を創りだすと同時に、黄体ホルモンと卵胞ホルモンの働きによって子宮内膜の成熟が抑制される、子宮頚管粘液の分泌による精子の侵入防止といった現象が起こるようになり、避妊ができるようになります。

こういった身体の自然な働きを上手く利用した避妊がトリキュラーを服用した際には可能となります。

生理不順を解消

次に紹介するのは「生理不順の解消効果」です。

人間の身体というのは体調やストレス、生活習慣によってホルモン物質の分泌量に大幅な変動が発生します。

その結果、本来であればある程度一定の周期で訪れるはずの生理、月経が異常に早まる、もしくは大幅に遅れるなど、不規則に発生するようになる「生理不順(月経不順)」と呼ばれる現象が起こる場合があります。

トリキュラーを服用すると、体内で分泌される黄体ホルモンや卵胞ホルモン、卵胞刺激ホルモンや黄体形成ホルモンといったホルモン物質の分泌が、体外から取り込まれるトリキュラーによってコントロールされます。

その結果、本来脳が自動的に分泌量をコントロールしている各種ホルモン物質のホルモン物質の分泌量がトリキュラーの服用によってコントロールされた状態になります。

その結果、ホルモン物質が体内に多くあるタイミングと少なくなるタイミングが服薬と休薬によって作られ、少なくなったタイミングで生理が発生するようになり、生理不順を解消できます。

PMSの緩和

3つ目に紹介するトリキュラーの効果は「PMS(月経前症候群)の緩和」です。

PMSという症状はあまり耳馴染みの無い症状ですが、この症状というのは生理前になると発生する心身の不調のことです。

具体的な症状としては、生理が始まる3~10日頃前から発生する不快感をはじめとする心身の症状です。

具体的な症状としては胸の張り、傾眠、肌荒れ、倦怠感、食欲の増進、便秘といった身体症状に始まり、いらつきや感情の波が激しくなり、気分の落ち込み、集中力の低下といった精神症状があります。

PMSの発症原因は排卵後に増加する「プロゲステロン」というホルモン物質で、この物質が排卵後に分泌されるようになると、脳が妊娠に備えて動き始めるため、PMSの症状が現れるようになります。

トリキュラーを服用した場合、生理不順の解消と同じメカニズムによって体内の女性ホルモンの分泌量が調節されるようになるため、プロゲステロンの分泌量が何も服用していない状態と比べて減少します。

その結果、PMSによって起こる諸症状が大幅に軽減されていきます。

がんの予防

最後に紹介するのは「がんの予防」です。

がんは日本人の三大疾病の1つですが、トリキュラーを服用した場合がんの中でも「子宮体がん」や「卵巣がん」といった、子宮やその周辺部位で起こるがんの予防が可能となります。

子宮体がんや卵巣がんといった症状というのは、排卵によって卵巣に負荷がかかる、子宮内部に傷がつくことによって、発症リスクが上昇すると考えられています。

トリキュラーを服用せずに自然な状態で過ごしていた場合、それだけで子宮体がんなどの症状が発症する確率というのは徐々に高まっていきます。

しかしトリキュラーを服用した場合、避妊効果の一環として卵胞の成熟抑制や排卵の抑制といった現象が起こるようになります。

これらの現象が発生することにより、子宮内部に傷がつきにくくなり、各種がんの発症率が低下していくのです。

したがって、トリキュラーを使用した避妊や生理不順の解消といった効果を得るだけで、副次的なメリットとしてがんの予防が可能になります。

トリキュラーの副作用

トリキュラーを服用した際には多くの効果を得ることができますが、同時に起こりえる現象として副作用の発生があります。

副作用は意図的に医薬品に対して持たせている作用とは違い、使用されている成分の作用によって副次的に発生してしまう諸作用の事を指します。

副作用はどういった医薬品も存在しており、その中には身体にとって有益な症状も存在しています。

したがって、副作用があるので服用するのは危険である、という考えは非常に短絡的なものだといえます。

正しく副作用について知ることにより、メリットとデメリットを天秤にかけた上でトリキュラーの使用を検討できるようになるため、まずはどういった副作用があるのかを知ってみましょう。

主な副作用

トリキュラーを服用した際に発生する副作用の中でも発生頻度が高い症状、一般的に「主な副作用」として紹介されるものをまず紹介します。

主な副作用としてまず初めに挙げられるのは悪心、いわゆる吐き気です。

次に頭痛や嘔吐、下腹部の痛み、乳房の痛みや緊満感、浮腫といった症状になります。

これらの症状はトリキュラーを初め、経口避妊薬と呼ばれる医薬品に共通する副作用であり、発症原因としてはトリキュラーを服用する事によって脳が「体は妊娠状態にある」と錯覚する事が原因とされています。

トリキュラーを服用すると体内の女性ホルモン濃度は急激に上昇した状態となります。

その結果、体内のホルモン濃度が増加した身体は妊娠している状態にあると錯覚を起こすようになり、身体は妊娠した時に起こるつわりに似た吐き気、浮腫といった現象が起こるようになるのです。

副作用は身体がトリキュラーを服用した際の女性ホルモン濃度に慣れるまでの期間継続するため、1ヶ月から2ヶ月ほどの間はゆるやかに症状が落ち着きながら持続すると言われています。

3ヶ月以上副作用が継続する場合、成分が身体に合っていない可能性もあるため、他の経口避妊薬への乗り換えが推奨されているため、注意しましょう。

重い副作用

次にトリキュラーを服用した際に起こる重い副作用についてです。

重い副作用としてあげられるものに下肢の急激な疼痛、急な息切れ、激しい頭痛といった症状がありますが、特に重く重大な副作用として「血栓症」があります。

血栓症は血管内部を流れる血液が体内で凝固し、栓状となったものが血管を詰まらせる問う症状です。

トリキュラーを服用し、女性ホルモン濃度が高まった状態になると血液が凝固しやすくなるため、血栓症を発症しやすくなると言われています。

トリキュラーの血栓症発症リスクは他の経口避妊薬と比べて低いことが知られており、トリキュラーより後に開発された第3・4世代の経口避妊薬は、血栓症の発症率がトリキュラーよりも2倍程高いと言われています。

したがって、トリキュラーを正しく使用した場合であれば、他の経口避妊薬と比べて血栓症の発症率は低いと考えてよいでしょう。

また、トリキュラーなど経口避妊薬の使用によって血栓症を発症しやすい条件として

・喫煙習慣がある(日に15本以上のタバコを吸う)
・肥満体型である(BMI25~30以上)
・40歳以上である

以上3つの条件があります。

この条件のいずれかに該当する場合、トリキュラーの服用によって血栓症を発症する確率が該当しない場合と比べて、大幅に上昇します。

これらの条件に該当する場合はトリキュラーの使用が禁忌であると定められているため、使用は控えるようにしましょう。

まとめ

トリキュラーは非常に高い避妊効果だけでなく、生理不順の解消やPMSの緩和、そして子宮体がんや卵巣がんといった女性特有のがんを予防する効果があります。

そのため、単に避妊を行いたいという人だけでなく、自分の身体に対しての悩みを抱える全ての女性にとって、非常に心強い存在となる医薬品と言えます。

しかし優れた効果がある一方、服用の際には軽度の副作用が現れる事もあれば、血栓症といった危険な副作用が現れる場合もあります。

勿論正しい方法での服用を行い、使用が危険だと判断された際には服用を行わないという選択を取る事によって、副作用の発症リスクは大幅に低下します。

優れた効果がある一方で注意すべきことなども存在している医薬品のため、トリキュラーを服用する際には正しい知識を知った上で、用法用量を守りながら使用するように心がけましょう。