しっかり避妊するならトリキュラー

トリキュラーとマーベロンとヤーズの特徴をご説明

トリキュラーとマーベロンとヤーズを比較

経口避妊薬として購入もしくは処方が受けられる医薬品はトリキュラーだけではありません。

避妊薬と呼ばれるような医薬品には他にもマーベロンやヤーズといった製品がそんざいしています。

これらの製品がトリキュラーとはどういった点が違っているのか、そして使用すべき状況とはどういった時なのか、といったことを知ることによって、より確実かつ安全な避妊が行えるようになります。

経口避妊薬を使用した避妊を行いたいという時には、どういった避妊薬があるのかを知りましょう。

トリキュラーの特徴

初めに紹介するのはトリキュラーの特徴についてです。

トリキュラーは経口避妊薬のなかでも副作用が発生しにくいという特徴がある製品です。

その理由として、配合されている成分が副作用を起こしにくいものであるという理由以外に、トリキュラー最大の特徴である「成分量が1枚のシート上で変化する」というものがあります。

トリキュラーは21錠の有効成分が配合された錠剤の中でオレンジ、白、黄といった具合に色が変化していますが、この色の変化というのは配合された成分の量によって変化します。

配合されている成分量の変化の仕方というのは、人間の自然なホルモンバランスの変化に合わせたものになっています。

したがって、順番通りに服用するように心がけていれば、身体の自然な働きと同じような変化で摂取する成分量を変えることができるため、副作用が少なくなるのです。

こういった成分量の変化が1枚のシート上で発生するかどうかというのは、経口避妊薬の説明として「2相性」や「3相性」といった表記がされている日で判断できます。

2相性の場合であれば1枚のシート上で2通りの変化、3相性であれば3通りの変化がするという意味になります。

マーベロンの特徴

次に紹介するのは「マーベロン」という経口避妊薬です。

このマーベロンは有効成分として「デソゲストレル」という成分を配合した、第3世代の経口避妊薬です。

この製品の特徴としては薬剤に配合されている成分の関係上、身体に対して起こる男性ホルモンの影響が最も少ないという特徴があります。

他の経口避妊薬というのは、服用後体内の男性ホルモンの活動に影響が現れ、ニキビなどができる場合があります。

しかしマーベロンはそういった効果が現れる事が殆ど無く、更に言うとニキビの治療にも使用できるという特徴があります。

マーベロンというのは一般的な経口避妊薬のように避妊を目的として使用するだけではなく、「大人ニキビ」などの男性ホルモンの働きによって起こる肌トラブルの治療にも使用されます。

また、このマーベロンはトリキュラーのように1枚のシート上で成分が変化するという事はなく、成分量が常に一定を保つ「1相性」という種類の製品です。

したがって、万が一服用する順番を間違えてしまっても28錠入のものでプラセボ錠を服用してしまっていなければ、避妊効果が変わらずに持続し続けるという特徴があります。

こういった点から、マーベロンは初めて経口避妊薬を使用する人にも人気が高い製品です。

ヤーズの特徴

最後に紹介するのは「ヤーズ」と呼ばれる製品です。

ヤーズはこれまでに紹介したトリキュラーやマーベロンといった経口避妊薬とは使用目的自体がそもそも違っている製品です。

トリキュラーやマーベロンは一般的に「低用量ピル」という名称で呼ばれる事がありますが、このヤーズは「超低用量ピル」と呼ばれています。

そしてその名称の通り、ヤーズはトリキュラーなどと比べても配合されている成分量が少ないという特徴があります。

ヤーズに配合されている成分の量の具体的な数値についてですが、他の低用量ピルはエストロゲン配合量が0.03mgから0.04mgの製品が一般的なのに対して、ヤーズは0.02mgとなっています。

この少なさから、身体に対して起こる副作用が非常に少なくなっています。

そして黄体ホルモンがドロスピレノンと呼ばれる人体で生成されるものと非常によく似た働きをするものになっています。

したがって、服用時に起こるむくみといった副作用が他の低用量ピルよりも少なくなっています。

避妊効果という面で見た場合、ヤーズを使用した際にも他の経口避妊薬と同等の避妊効果があることが知られています。

しかし一般的にはヤーズというのは生理不順や月経困難症といった症状の改善に使用されることが大半のため、使用目的という麺で見るとヤーズは他の経口避妊薬とは違っていると言えるでしょう。

自分と合うかを様子を見て使う(まとめ)

低用量ピル、経口避妊薬という名称で販売や処方が行われている製品として、トリキュラーとマーベロン、そしてヤーズを紹介しました。

これらの医薬品というのは、配合されている黄体ホルモンの種類や量、そして製品ごとに異なる特徴があります。

そのため使用効果という点で見ると、どれも同じような効果であると感じる人が大半ですが、実際の使用感というのはどれも全く違ったものになります。

そして使用感が違えば自分にとって合うかどうかというのも違ったものになります。

経口避妊薬を使用する際には、自分にあっているかどうか様子を見ながら使用していき、最も快適に使用できるものを選ぶようにしましょう。

一般的に自分の身体にあっているかどうかを判断する基準として「3ヶ月間の使用で副作用が治まるか」といった方法が取られます。

そのため、一度1つのものを使用し始めた際にはまずは3ヶ月継続して使用するというのを意識しながら使用していきましょう。