しっかり避妊するならトリキュラー

トリキュラーの成分をご説明

トリキュラーの成分について解説

トリキュラーには薬効成分として合成ホルモン剤の「エチニルエストラジオール」と「レボノルゲストレル」が配合されています。

これら2つの成分というのは、それぞれが違った作用をする成分となっており、この2つの成分が配合されていることによって、初めて優れた避妊効果が発生するようになります。

最後にトリキュラーに配合されている各成分がどういった効果を発揮するのか、どういった作用を表すのかを紹介します。

快適な避妊のために一役買ってくれるエチニルエストラジオールとレボノルゲストレルについての理解を深めてみましょう。

エチニルエストラジオールの作用

最初に紹介するのは「エチニルエストラジオール」です。

エチニルエストラジオールは卵胞ホルモン剤と呼ばれる人工的に合成されたホルモン物質です。

一般的にこのエチニルエストラジオールというのは、ホルモン療法と呼ばれる人体で生成されるホルモン物質と同じ働きをする物質を使用した病気治療に用いられています。

エチニルエストラジオールというのは女性の体内で分泌される「エストロゲン」という卵胞ホルモンを模して作られています。

したがって、エチニルエストラジオールを摂取した際には体内でエストロゲンが分泌された時と同じ現象が発生します。

具体的な現象としては子宮内膜の増殖促進、肌のターンオーバーの活性化、皮脂の分泌抑制といったものです。

しかし避妊薬としてエチニルエストラジオールを摂取した場合は上記の作用を発生させるのではなく「体内に多量のエストロゲンが存在する」と脳に錯覚させることが重要となります。

エチニルエストラジオールが吸収され、脳が体内にはすでにエストロゲンが多量に存在していると錯覚を起こすと、体内でエストロゲンの分泌が行われなくなります。

そうすると体に対して直接影響を与えるようなホルモン物質の量が減少することによって、排卵や子宮内膜の増殖が抑制されていき、避妊効果が現れるようになるのです。

レボノルゲストレルの作用

次に紹介するのは「レボノルゲストレル」です。

レボノルゲストレルは人体が生成する黄体ホルモン「プロゲステロン」を模して作られた、人工の黄体ホルモンです。

経口避妊薬に使用される人工の黄体ホルモンには多くのものがありますが、レボノルゲストレルはその中でも「第2世代」と呼ばれる種類の成分です。

レボノルゲストレルの作用というのは、プロゲステロンが分泌された際に起こる現象と同じようなものになっています。

具体的な作用としては子宮内膜の成長抑制、子宮頸管粘液の粘性向上といったものです。

これらの作用というのは、本来自然に分泌されるプロゲステロンによって起こるものです。しかしレボノルゲストレルが身体に吸収されると、身体は黄体ホルモンの過剰分泌を防ぐためにプロゲステロンの分泌を止め、体内の黄体ホルモンの働きをレボノルゲストレルに任せたような状態になります。

その結果、レボノルゲストレルの摂取によって起こる作用によって、非常に高い避妊効果を自由にコントロールできるようになるのです。

レボノルゲストレルの効果は経口避妊薬の服用を中断することによってすぐに治まります。

しかし身体が正常に妊娠できる状態になるまでには、身体が正常にホルモンの分泌ができるようになるまでの期間が必要となります。

一般的に2ヶ月ほどで避妊効果が完全に喪失し、妊娠が可能な状態になると言われているため、服用時には覚えておくと良いでしょう。

まとめ

トリキュラーに配合されているエチニルエストラジオールとレボノルゲストレルの作用について簡単に紹介をしました。

これら2つの成分というのは、それぞれ単独で使用されることもあるものですが、避妊効果を発揮するためには2つを同時に摂取する必要があります。

2つの成分を同時に摂取する事によって、体内でエストロゲンやプロゲステロンが分泌されるのを抑制し、トリキュラーの服用によって吸収される成分に全てが任された状態となります。

そしてトリキュラーに体の働きが全て任された状態になる事によって、服用と休薬による生理不順の改善といった、トリキュラーを使用する事によって得られる多くの効果が生み出されるのです。

したがって、トリキュラーを初めとする経口避妊薬による避妊効果というのは、人間の体が生まれながらに持っている仕組みを上手く利用したものなのです。