しっかり避妊するならトリキュラー

トリキュラーの通販・病院処方をご説明

トリキュラーの通販や処方してもうう方法を解説

トリキュラーを使用した避妊を行う際、最も大切なのは「トリキュラーを手に入れる」という事です。

絵に描いた餅が食べられないように、空想上のトリキュラーでは避妊はできません。

トリキュラーを入手する方法としては大きく2つあります。

まず1つは医薬品の通販を利用して購入するという方法、そしてもう1つは婦人科や産婦人科で処方を受けるという方法があります。

最も一般的な方法は病院での処方という方法になりますが、病院を利用した際にネックとなる要素を回避する手段として通販の利用が非常に良い方法となります。

各購入方法がどういったものなのかを知ってみましょう。

トリキュラーの通販

最初に紹介するのはトリキュラーを通販で購入するという方法についてです。

この方法というのはあまり一般的とはいえない購入方法となりますが、実はトリキュラーを使用した避妊を行いたいという人には通販での購入が非常に便利な方法なのです。

便利な理由としては大きく3つ、値段と数とプライバシーという物があります。

これらがどうして便利となるのか、といったことを含め、トリキュラーを通販で購入するメリットとデメリットといったものを紹介します。

通販購入方法

トリキュラーを通販で購入する場合、一般的な通販サイトではなく海外の「代行業者」という企業が運営する医薬品の販売を行う通販サイトを利用した購入を行う必要があります。

この代行業者が運営する通販サイトでの購入を一般的に「個人輸入」と呼びますが、この個人輸入を利用するメリットとして以下のものがあります。

・価格を病院よりも安くできる
・病院で処方されるよりも多く購入できる
・プライバシーを確保しながら治療が受けられる

病院での処方を受ける場合、病院へ行って診察を受けて処方を受ける、というような流れで薬を購入することになります。

この一連の流れの際には移動費も発生しますし、診療費といった多くのお金が必要となります。

しかし通販を利用した場合、自宅にいながら專門の通販サイトで購入手続きを行うだけで済むため、手間を掛けずに購入ができます。

そしてトリキュラー28であれば1,000円から高くても2,000円、安ければ500円ほどで購入でき、購入できる数も数カ月分まとめて購入できるため、非常に少ない価格で多くのトリキュラーを購入できるのです。

そして産婦人科へ行って何かを処方してもらっている、という事を第三者に知られることなく購入することも可能なため、プライバシーの保護も完璧なものにできます。

次に通販を利用した際のデメリットですが、最も大きいのは「使用上の責任」についてです。

病院で処方を受ける場合、使用時に発生した副作用等に対しての責任は薬を処方した医師や病院にあるため、何かしらの問題が起こった際には補償を受けることができます。

しかし通販の場合、購入から使用まで全てを自分の意志で行うため、何かあったとしても補償を受けることができない、自己責任となるのです。

したがって、通販を利用した際には使用時のリスク管理を全て自分で行う必要があるのです。

病院処方

次に紹介するのは病院、婦人科や産婦人科でトリキュラーを処方してもらう方法についてです。

病院を利用する場合、ピルの処方を行っている婦人科や産婦人科へ行き、服用しても問題がないかの検査や問診を受け、服用しても問題がないと判断された際にはトリキュラーを処方してもらえます。

このように処方までの流れというのは非常に簡単なものになっています。

次に処方に掛かる費用に関してですが、これは処方目的に応じて異なります。

まず日本ではトリキュラーのようなホルモン物質を配合した医薬品は、避妊目的での処方ではなく生理不順の治療薬としての処方が許可されています。

したがって、生理不順の改善という目的で服用するのであれば保険を適応された少ない額での処方を受けられます。

しかし避妊目的での処方の場合、自由診療という保険が適応されない診察と処方を受けることになるため、診療費は高くなります。

そして処方される量に関しても初めは1ヶ月分のみといった少量からの処方となります。

継続した使用を行い、扱いに慣れてきたと医師が判断した場合、数カ月分をまとめて処方してもらう事も可能となりますが、一度にまとめて薬がほしい、という人からすると少々不便に感じることもあるでしょう。

Amazonで売っていない理由

トリキュラーといった医薬品の購入を行う際には、一般的な通販サイトとは違い、特殊な通販サイトを利用した商品の購入を行う必要があります。

その理由として、トリキュラーが「医療用医薬品」と呼ばれるような医薬品に該当するためです。

医薬品には一般医薬品と医療用医薬品といったものがあります。

一般医薬品というのは、ドラッグストア等に陳列されている誰もが簡単に購入できる医薬品です。

こういった医薬品の場合、日本国内でもドラッグストアの通販サイトなどで購入することが可能となっています。

しかし医療用医薬品の場合、医師や薬剤師による服薬指導が必要となる場合もあれば、使用上の注意が非常に多いなど、対面による処方を行う必要があるものになります。

したがって、Amazonなどの大手通販サイトでもトリキュラーのような医療用医薬品の販売は行われていないのです。

まとめ

トリキュラーを入手する方法としては、個人輸入という方法で商品の購入ができる通販サイトを利用して購入する、もしくは婦人科や産婦人科で処方を受けるという方法があります。

通販を利用した場合、低価格で数カ月分のトリキュラーを誰にも知られずに購入することが可能となっています。

しかし購入から使用までの全工程を自分の意志で行うため、副作用等に対しての保証を受けることができないというデメリットが有ります。

病院を利用した場合、医師による診察を受けた上で処方を受けられるため、有事の際の保証がしっかりとしているといったメリットがあります。

しかし処方目的が避妊の場合、保険が適応されず自由診療での処方となるなどの問題があります。

そのため、トリキュラーを入手する際にはどういった方法で入手するのか、といった点に対して細心の注意を払った上で購入方法を選択する必要があります。